数年前に我が家で起こったトラブルなのですが、あれ?トイレが詰まっちゃったかな?と思ったら便器から汚水が見る見るうちに溢れ出して大変な目に遭ったのです。こんな時は、慌てずに迅速な対処が必要なのですが、そんな悠長なことをいってはいられません。とりあえず、止水栓を閉めておかないとセンサーが人を感知して、さらに水が給水タンクから水が流れてきてしまいます。そのため、慌ててマイナスドライバーを取ってきて、止水栓のバルブをまず閉めることから始めました。

その後は、床一面に広がった汚水の掃除です。これが、トイレのトラブルの中では一番辛いことでしょうね。

福岡市 上手な節水方法

それから、お決まりのラバーカップの登場です。元々ラバーカップは、トイレのために買っておいたものではないのですが、トイレもキッチンと同様だと思って、ジュポジュポとしました。ラバーカップは、トイレの詰まりには抜群の威力を発揮するものなのですね。キッチンの時には、ラバーカップでも歯が立ちませんでしたが、トイレの詰まりの場合にはラバーカップの方が断然有利ですね。どうしてなのか?ということも後になってから考えましたが、キッチンの詰まりは野菜の切りカスが排水管を塞いでしまうので、さすがにラバーカップでも無理でしょうね。ところが、トイレの詰まりの原因はその多くがトイレットペーパーです。従って、ラバーカップを10回以上ジュポジュポとやればスポッと排水管を流れてしまうのでしょうね。

そうはいっても、トイレの便器から溢れ出した汚水の処理だけは二度としたくないと思いましたね。