トイレの水漏れが起こる主な理由、それは消耗部品の劣化や排水管の汚れによる詰まりなどから、本来トイレが行う作業に少しのズレや違和感を生じさせてしまうことです。何年も何年も毎日使っていれば、嫌でも部品は劣化します。しかもトイレは実は多くの部品によって作られているものなので、私たちの思いもしない部分が劣化し、それが水漏れに繋がることがあります。本来動かなければいけないところが動かなくなってしまったり、反対に動いてはいけない部分にズレが発生し動くようになってしまったりと、挙げたらキリがないほど原因はあるのです。他にも、トイレに何かをぶつけたり落としたりしてしまうことでヒビ割れしたり、その衝撃で部品の何かがズレてしまったりと、劣化だけでなく物理的なダメージによるものもありますね。掃除が行き届いていないことで起きる水漏れもありますから、普段何気なく使っているトイレは、実はとてもデリケートなものなのです。しっかり掃除して、部品の点検をして、乱暴に扱わず丁寧に…。電化製品であればそれができるのに、なぜか私たちはトイレに対してそういうことができません。身近すぎて、何気なく使いすぎなのです。

トイレは、決して壊れない魔法の道具ではありません。水漏れが発生する主な理由を把握して、もっと丁寧に扱ってあげるべき大切なものなのです。